主要ふるさと納税サイトから返礼品をベストチョイス!

控除上限額の早見表

実質負担2,000円でできる寄附金額上限の目安

給与収入
(年間)
300万円
350万円
400万円
450万円
500万円
550万円
600万円
650万円
700万円
750万円
800万円
850万円
900万円
950万円
1000万円
1500万円
2000万円
3000万円
5000万円
1億円
独身もしくは
配偶者控除のない共働き夫婦※1
夫婦のみ
(配偶者控除あり)
夫婦(配偶者控除
あり)と子(16歳以上
19歳未満)※2
年金暮らしの
夫婦
※3
28,000円 19,000円 11,000円 19,000円
34,000円 25,000円 17,000円 28,000円
43,000円 33,000円 25,000円 36,000円
53,000円 41,000円 32,000円 45,000円
61,000円 49,000円 40,000円 59,000円
70,000円 61,000円 49,000円 68,000円
77,000円 68,000円 60,000円 78,000円
98,000円 ※4 76,000円 68,000円 100,000円 ※5
109,000円 85,000円 77,000円 111,000円
120,000円 109,000円 87,000円 122,000円
131,000円 120,000円 111,000円 134,000円
141,000円 130,000円 120,000円 146,000円
153,000円 141,000円 132,000円 158,000円
165,000円 153,000円 144,000円 172,000円
177,000円 165,000円 156,000円 185,000円
384,000円 380,000円 368,000円
552,000円 546,000円 534,000円
1,034,000円 1,027,000円 1,013,000円
2,056,000円 2,046,000円 2,031,000円
4,316,000円 4,312,000円 4,297,000円

※2019年1月現在の制度に基づいて試算しておりますので、あくまで目安となります。正確な計算は寄付翌年の1月~2月中にお住まいの市町村にお尋ねください。

※給与所得の方に対応しており、事業所得や不動産所得等がある方には対応しておりませんで、ご了承ください。

※所得控除については、社会保険料控除、基礎控除・配偶者控除・扶養控除が含まれています。

※生命保険料控除、地震保険料控除、住宅ローン控除、医療費控除など、その他の控除は考慮されていません。

ふるさと納税 還付・控除額の計算方法

実質的な自己負担額を2,000円に抑えられます。

❶ 所得税の控除(還付) =(ふるさと納税(寄附)-2,000円)× 所得税率(所得金額によって0~45%)

所得税率は課税される所得金額によって異なり、10%の税率が適用されるのは所得金額が195万円を超え330万円以下の場合となります。

❷ 住民税からの控除(基本分) =(ふるさと納税(寄附)-2,000円)× 10%
❸ 住民税からの控除(特例分) =(ふるさと納税の寄附金額 - 2,000円)× 【100%-10%(基本分の税額控除)-所得税率】
ページトップへ